本夜会の本データベース

このブログは飽くまで、参加してくださった方向けに、当日紹介された本と盛り上がったお話をかいつまんで文章にしております。内容の薄さ濃ゆさは主催者の独断で決まっておりますが、ご了承ください。

 文庫X

Amazonのリンク張っちゃうと文庫Xでなくなっちゃうので

今回はサムネイルなし。■X■X■X■X■X■X■

 

知ってるひとは知っている、文庫X。

本屋さんで、なんだこの手書き感…なカバーに覆われた文庫本、出会ったことないでしょうか?

書店員の「読んでほしい!」という気持ちがこれでもかとしたためられ、

ビニールで覆われ、全く題名も作者も不明な状態で販売されていました。

一時期この本が岡山でも方々の書店で販売されていました。

驚いたのは、この手書きカバー&ビニール包装スタイルを編み出したのが、 

盛岡市のさわや書店というまちの本屋さんだということ。

全国の書店を席巻しました。

本そのものはかなりセンセーショナルでディープな内容。

ですが、何よりもその販売方法が話題になりました。

 

気になるから買ってしまうし、

きっとそのまま表紙をだし、平積みにしていても

なかなか手に取ってもらえなかった本であるはず。

 

今後この本も、世の中も、どうなっていくのか気になります。