読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのプーさん心がふっとラクになる言葉 PHP

 

くまのプーさん 心がふっとラクになる言葉 (PHP文庫)

くまのプーさん 心がふっとラクになる言葉 (PHP文庫)

 

 お誕生日にプレゼントしてもらった本。

老子荘子の教えを、プーさんのかわいさと一緒に語り掛けてくれる本。

 

 

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

 

 

 

外界の無限性=「腐らない経済」

外界の有限性=「腐る経済」

 

外界の無限性と内面の貧困

・労働力や能力、人材というメカニカルな部分のみに焦点が照られていく

・労働者も人間である

内面が貧困になっていくと、

・利益を求め続ければ、食は安くなり、いい加減になっていく

労働環境が劣悪だから、人の入れ替わりが激しい。でも、仕事は単純だからなんとかなる

 

(自然界の数列:フィボナッチ数列

自然界は有限だ自然界の原理に従って、自然界に翻弄されつつ、パンを作ろう!

外界の有限性と内面の豊饒

P221.・金は生き物なので、当然ながら調子が悪いときや気まぐれな時が存在する

P222.・きまぐれなぶん、手間をかけ、愛情をもってパンをつくれる

 

エンデの遺言に似たような話が書いてあるっぽい

この分野に関しては門外漢なので、医療に戻らなくては……!と思った(笑)

 

 

 

 

 

47都道府県

 

47都道府県女ひとりで行ってみよう (幻冬舎文庫)

47都道府県女ひとりで行ってみよう (幻冬舎文庫)

 

 活字が苦手な方から。

読書のきっかけは、高校のときの友人にブックカバーをプレゼントしてもらったから。

 

そんなわけで、読書しなきゃ!と本夜で探して手に取ったのがこちら。

 

ミリさんは、大阪出身だけど東京に引っ越すときに、「関西弁をしゃべる女」だとカテゴライズされたくないので、

 

方言についてと人とのつながりに視点を置いて読まれた。

ひとりでいくと、地元のおばあちゃんに話しかけられたりして、それがいいな。

写真も楽しい本。

 

佐賀県の三大お稲荷さん(祐徳稲荷神社)にいってみたい!

 

 

47都道府県を行ってみようっていう発想って、この辺だと生まれにくいかな。

最短ルートわからないし。ルートがいろいろあって、考えるのが時間かかる。

距離感がわからない。関東圏の人の発想だなーと。

 

 

 

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

 

 

ディスるけど、5~6回読んでる。

簡単な文章だけど、たとえばほかの人なら3行くらいかかるところをシンプルに表わしているいい文章。

ずっとつまらないなと思いながら、最後に何とも言えない虚脱感や、学生時代の4月5月のそわそわした感じ。

 

何回か読んで年取ってくるとわかってくる。

 

 

 

 

翻訳教室 (朝日文庫)

翻訳教室 (朝日文庫)

 

 柴田元幸さんの、翻訳じゃない文章が村上春樹をほうふつとさせる。

 

 

 

停電の夜に ジュンパラヒリ

 

停電の夜に (新潮文庫)

停電の夜に (新潮文庫)

 

 

 インド系の作家さんの本。

小説は英語で書いてる。

アメリカに住んでるインド人のストーリーが多い。

何とも言えないいい感じの寂寥感、叙情感がある。

この作家さんには1冊目からひと読みぼれされたそう。

40歳でなぜかイタリアへ行って、そこからイタリア語で小説を書く!と決める。

 

小川高義さん

難しい言葉を使わずに細かい心情を表す。

小川高義さんの翻訳裏話はこちらで。

 

翻訳の秘密―翻訳小説を「書く」ために

翻訳の秘密―翻訳小説を「書く」ために

 

 

 

 

 

インド人の語学力がすごい。

仕事でかかわったインド人が日本滞在3か月で、流ちょうな日本語。

魔法のコンパス 西野亮廣

 

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

 

 みんなで楽しいことしよう!そのために何する?

古本を売るけど、飽くまで売っている人を売る!

時代に合わせる努力がすごい。

人工知能とかビッグデータとか、それが楽しいの?

っていう問いかけ。

 

 

 

 

いま世界の哲学者が考えていること

いま世界の哲学者が考えていること

 

 

ピケティ

経済成長と投資の成長。投資のほうが成長が著しい

資本主義は成功しただけにいつかなくなるんじゃないかという仮説(シュンペーター

今週末の倉敷で開催予定の哲学カフェに備えて、予習中。

 

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

 

 似てるやつ。